幼児児童生徒の服薬について(お願い)

幼児児童生徒の服薬について(お願い) 【PDFファイル】

現在,本校では保護者から依頼があった場合に限り,保護者に代わって与薬をしています。安全且つ適切な与薬を行うために,別紙「与薬依頼書」の提出をお願いします。

依頼書の種類

該当する症状・提出方法

備  考

一時服用

  • かぜ等の急性疾患(1週間以内に服薬が終わる
    場合)が該当となります。
  • 毎回,「与薬依頼書」を担任に提出してください。
  • 薬は一回ごとに分けて持たせてください。
    (薬の袋・容器に,必ず「名前,日時」を
    記入してください。)
    寄宿舎生の場合は,まとめて提出してください。
  • 薬の保管は,担任または寄宿舎職員が行います。

与薬依頼書
(一時服用) 様式
Word版
PDF版

 

定期服用

  • 中耳炎や水いぼ等の継続的な服用(2週間以内
    で服薬が終わる場合)が学校で必要な場合が,
    該当となります。
  • 医師から処方があるごとに,「与薬依頼書」を
    提出してください。
  • 薬は一回分ずつ持たせてください。

与薬依頼書
(定期服用) 様式
Word版
PDF版

 

預かり薬

  • てんかん発作やぜんそく発作等の症状を安定さ
    せる薬,解熱剤,アトピー性皮膚炎の塗り薬等
    で,学校で預かる必要がある場合が該当します。
  • 毎学期ごとに,「与薬依頼書」と薬を提出してください。
  • 座薬・解熱剤等は,保健室・寄宿舎で冷蔵保管します。
  • 塗り薬の保管は,保健室・寄宿舎で
    保管します。
与薬依頼書
(預かり薬)様式
Word版
PDF版 

○学校での与薬は,医師から処方された薬に限ります。

保護者の判断だけで与薬している薬については,学校では取り扱いません。

○「与薬依頼書」は,保健室,幼稚部および小学部職員室にあります。

○寄宿舎生の場合

  1. 「与薬依頼書」は,寄宿舎および保健室にあります。
  2. 週の途中に,学校から受診した場合は,受診連絡書をお渡しします。

○修学旅行等における宿泊学習時の与薬については,別途連絡します。

○不明な点等がある場合は,担任または寄宿舎職員,保健室に連絡してください。

学校において予防すべき感染症と出席停止について

次の表の感染症は,学校保健安全法第19条の規定により,出席停止の扱いとなります。
医師から登校の許可が出てから登校してください。


※ 出席停止の期間は,感染症の種類に応じて基準が定められていますが症状に は個人差があります。十分休養したうえで,必ず医師から完治したと診断されてから登校してください。

学校感染症の種類と出席停止期間の基準

 

学校伝染病の種類

出席停止の期間

第一種

 エボラ出血熱

 治癒するまで

 クリミア・コンゴ出血熱

 南米出血熱

 痘そう,ペスト

 マールブルグ病,ラッサ熱

 急性灰白髄炎,ジフテリア

 重症急性呼吸器症候群

 鳥インフルエンザH5N1

第二種

 

 インフルエンザ
  (鳥インフルエンザH5N1を除く)

 発症した後5日を経過し,かつ,解熱した後2日(幼児については3日)を経過するまで)

 百日咳

 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

 麻しん

 解熱した後,3日を経過するまで

 流行性耳下腺炎

 耳下腺,顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し,かつ,全身状態が良好になるまで

 風しん

 発疹が消失するまで

 水痘

 すべての発疹が痂皮化するまで

 咽頭結膜熱

 主要症状が消退した後,2日を経過するまで

 結核

 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで

 髄膜炎菌性髄膜炎  病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで

第三種

 腸管出血性大腸菌感染症

 

 病状により,医師において感染のおそれがないと認めるまで

 流行性角結膜炎

 急性出血性結膜炎

 コレラ,細菌性赤痢

 腸チフス,パラチフス

 その他の感染症

※ 「結核以外の第二種の感染症」の出席停止期間については,病状により,医師が感染のおそれがないと判断した時は,この限りではない。

※ 第一種の感染症の「重症急性呼吸器症候群」については,病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。

TOPへ